サードアイを開花させるには?

サードアイを開花させるには!?

   
プロフィールはこちらからチェックしてください☆
 

 

 このブログにたどり着く方や
普段から見て下さっている方の多くは
ちょっぴり敏感だったり
エネルギーを感じる方が多いはずです。
というのも、類は友を呼ぶで
私という人物が発する氣に引き寄せ力があるため
似たような方がクライアントさんになることが多いです。
 
 
そんな中で、サードアイを開花させたいと
思っている方も多いと思います。
そこで、私が開花した経緯から
どうしたらサードアイ開くかをまとめます。

  
 
 

 
  
 
 
 
 

 
1、グラウンディングする

サードアイを開くには、まずは自分の体調を整えるのが
とっても大事です。
特に、地球と繋がる事をしなければ
地球のエネルギーを受け取ることができません。
グラウンディングをしたことがない方は
動画サイトでやり方が詳しく載っていますので
そちらを参考にしながら行うと
イメージがわきやすいかと思います。
 
 
地球からのエネルギーを、
ぐぐぐと体内に入れ込みつつ
宇宙からのエネルギーも入れるのが理想です。

 
 
 
 
2、チャクラをコントロールする

チャクラのコントロールも大事です。
人間には7つのチャクラの入り口があり
サードアイと呼ばれるところは、第6チャクラです。
額に相当するサードアイですが
開いている人はそこから膨大なエネルギーを発することができます。
 
 
チャクラのコントロールも
音楽を聴いたり、瞑想をしたりすることで整います。
チャクラヒーリングの音楽を聴きながら
ゆったりと瞑想してみてください。

 
 
  

3、サードアイが開花している人と関わる

恐らく、この中で一番簡単にサードアイを開くことができるのは
そういった力をすでに開花させている人と一緒にいる事です。
ちなみに旦那のイチ君は
前世療法を受けたその日から
自分のハイヤーセルフや神様、龍と話すことができるようになりました。
それ以前は、全く感じなかったのに
私と一緒にいることと、さらに前世療法による気持ちの変化により
サードアイが開花しました。
 
 

これは、もともと持っているからこそできたことでもあります。
こういう書き方をすると、自分にはサイキックな力は備わっていないと
勘違いする方もいますが
もともと、日本人全員が、素晴らしい能力を持っています。
それが、現在閉じているだけです。
なので、ちょっとしたきっかけで開きます。
 
 
 
 
まとめ

サードアイ開花は難しい事ではありません。
閉じてしまっているものを、再び開くことです。
なので、まずはご自身にその力が備わっていることを信じて
そして、上記のようなことをしてみると
意外と簡単にサードアイも開いてしまうと思います。

 

 

 

 

 

✬りい✬


 
 
 

≪メニュー一覧≫

▽日本の神様・龍神様のメッセージが大人気

  
▽海外からエネルギーを送ります。お土産付☆

  
▽神様や龍とご縁を結ぶアロマです

 
≪役立つ旅行記事≫

 

 
公式LINE@

▼【無料】でご神託配信中です。


関連記事

アトランティスの巫女<りい>の前世療法セラピー

アトランティスの巫女<りい>の前世療法セラピー

龍神カードをはじめとし、カードリーディングによって神様やスピリットからのメッセージを伝えています。LINE@ご登録者様には、龍神様からのメッセージと、アロマとご神託の誕生日プレゼントもご用意しています。神様や龍神さまとご縁を深めるアロマスプレー、前世療法セラピーなど、オリジナルのセラピーや商品をお届けしています。

屋号 アトランティスの巫女<りい>の前世療法セラピー
電話番号 050-3539-0238
営業時間 10:00~16:00
※基本的にはメールにてお問い合わせください。
代表者名 平林 里衣
E-mail info@ree-therapy.com

アトランティスの巫女<りい>の前世療法セラピー アトランティスの巫女りいが魂の航海へいざなう前世療法セラピー。不安や息苦しさが消え、自分が素晴らしい存在であると実感できると共に、深い癒しと幸せが次々と訪れ、あなた自身があなたの人生にトキメク、超!究極のヒーリング♡世界に一つだけの魂チャネリング油彩画をプレゼント致します。ぜひ、人生180度変わる感動を体験して下さい。

受付時間:10:00~16:00

基本的にはメールにてお問い合わせください。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.